学校からのお知らせ

夏季休業中の学校職員不在期間について

8月8日より17日まで、夏季休業になります。

市教育委員会の指導により、以下のとおり平日に学校職員が不在になる期間があります。

期間中、緊急の対応が発生した場合の連絡先についてもお知らせします。

1. 平日に学校職員が不在となる期間

 令和2年8月13日(木)~14日(金)

2.緊急の連絡先

 東根市教育委員会管理課

 電話 0237-42-1111

 (内線3515)

3.その他

・緊急の場合、上記連絡先と連携することになっています。

・生徒たちが「いのち」を守り、健康で安全に過ごす夏休みになるよう、学級活動や三者面談をとおして指導しているところです。休業期間中は、生徒たちが学校の手から離れる場面が数多く出てきますので、できる限り多くの目で見守り、ご指導いただければと存じます。危険な場面などを見かけ、心配なことがありましたならば、すぐにお知らせいただければ幸いです。

 東根三中 電話 44-2120

 

0

三者面談・通知表配付について

先日ご案内いたしましたとおり、通知表配付を兼ねた三者面談を実施します。

【時間等】

8月3日(月)~7日(金)13:45~17:00

一人につき15分程度で行います。

※詳細については、各学級からのお知らせをご覧ください。

【主な内容等】

①学習や生活、友だちとのかかわりについて 

②2学期の目標やこれからの進路について

③夏休みの過ごし方について

【保護者の皆様へお願い】

・あらかじめ自宅で検温をお願いします。

(ご来校の際、念のため再度の検温をし、体調の確認をさせていただきます。)

・マスクの着用をお願いします。

・上履き(スリッパ等)をご持参ください。

【連絡等】

・保護者控室は、1階図書室になります。

・面談場所は、それぞれの教室になります。

・期間中は3時間授業で、昼食をとらずに12:20ごろ下校となります。

 

これまで1学期末には三者面談を実施していませんでしたが、学校運営上の反省を踏まえ、できる限り早い時期に情報を共有し、ご家庭と連携しながら「よりよい学校生活」「よりよい育ち」につながるよう計画したものです。お忙しいところ恐縮ですが、趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

 

0

学校開放事業の施設利用制限(変更)について

7月22日(水)より、学校の施設利用制限が変更になります。

東根市教育委員会生涯学習課より通知がありました。要点は以下の通りです。

<変更内容の要点>

「使用者は山形県内在住者のみとなります。」

 

<利用の条件及び中学生の活動規定等(確認事項)>

(1)これまで通り、「体育施設使用に関するチェックリスト」の全ての項目を満たす場合のみ利用を認めます。

(2)中学生の活動(部活動やスポ少)については、感染症防止対策にかかわらず、1日の活動時間と週あたりの活動日数に以下の制限を設けています。そのルールを遵守願います。

①1日の活動時間:平日2時間、土・日は3時間以内とします。

②週あたりの活動日数:土・日のいずれかは休み、平日1日は休みとします。

※学校の部活動とスポ少や地域クラブ等での活動時間・活動日を合わせても、この規定内の活動となるように調整を図ることになります。

添付資料

学校開放事業の利用制限について(市教委より)7.22以降.pdf

学校教育施設を利用される皆さまへ(市教委より) 7.22以降.pdf

施設利用チェックリスト【7.22以降版】(エクセル様式).xlsx

 

0

新旧ホームページの切り替えについて

本校ホームページをご活用いただきありがとうございます。

「新旧ホームページの切り替えスケジュール」について、市教育委員会より連絡がありました。

8月3日(月)市内小中学校一斉に、切り替えが行われます。

その後は、旧ホームページを閲覧することができなくなります。

これまで、たくさんご覧いただき、みなさまから温かい言葉を頂戴しました。励まされ、記事を更新するエネルギーとなりました。誠にありがとうございました。

新ホームページ(この画面)について、さらに親しんでいただけますよう内容を充実させてまいります。

今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

 

0

期末テストに向けて

7月17日(金)に期末テストを実施します。

教科は国語・数学・社会・理科・英語です。

13日(月)から16日(木)を「学習強化期間」に位置づけています。

以下のような対応をとり、学びの質的・量的な充実を図ります。

1.部活動は行わず、学習の時間を確保します。

2.授業と家庭学習をつなぐために、13日(月)と14日(火)の放課後に「学習会」を行います。

①理解不十分な点などを質問する時間をつくります。

②「eライブラリ」を活用するなど、生徒一人一人のペースで学習できるようにします。

3.「メディアコントロール」期間(10日~16日)とリンクさせ、家庭での時間を計画的に過ごせるようにします。(自己評価カードを活用します。)

7月3日(金)に各学年のテスト範囲が示され、生徒たちはテスト勉強の計画表を作成しています。現在、その計画表をもとに、自分と向き合っているところです。

また、本校では授業と家庭学習をつなげてまわすために、オリジナルの「ほっとノート」を作成し、「自分を知る」そして「自分を高める」取り組みを継続しています。もしかすると授業で扱う8割から9割は、大人になってから必要のないことかもしれません。でも、自分にとって、今学んでいることの何が必要になるのかは、まだ誰にもわからないもの。将来役に立つ1割か2割のことは、今日の授業にあるかもしれませんし、明日なのかもしれません。そう考えると、毎日の授業は、決して無駄なことではないのです。さあ、今年最初の力試しまであと少し。「自分を大事にする」期間にしてほしいと願っています。

三中オリジナル「ほっとノート」.pdf 

「ほっとノート」記入の仕方.pdf

 

 

 

 

 

 

0
ブログ

三中の四季

生徒集会をオンラインで

オンラインによる初めての生徒集会です。生徒活動室で撮影した画像を、各教室の大型モニターで視聴するスタイルをとりました。生徒会執行部と各専門委員会から、月目標や具体的な活動についての発表がありました。緊張の試みは大成功。各教室にしっかりとメッセージが届きました。なかなか思うように集会活動ができない状況の中、生徒会活動の活性化のため「自ら動き出す三中生」の姿に感激しました。できないことを嘆くことよりも、今できることを考え、実行する生徒会の躍動に期待大です。

0